アル中の復職

「アルコール依存症と虐待」というタイトルから「アル中の復職」にテーマを変更します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アルコール依存症だった人

一生一滴も飲まないという意志と適量飲酒をしようとする意志。

どっちが強い?

普段は飲まないことにも慣れてきた。

たまに飲みたい時に適量で飲めればいい。

飲んでも、アルコール依存症ではないとういうことを
証明するための意志。

どっちが強い?

アルコール依存症は、状況における診断でしかない。

適量で抑えられれば、、日常的に飲まなければ、、
過去を隠したなら、、アルコール依存症という診断はなかった。

脳の回路の変化、科学的に証明されていない。

個人や社会環境における状況によってだけ診断はなされる。

今はアルコール依存症ではないのではないか?

過去はアルコール依存症であった。。。

そんなことすら考えずにありのままであることが、本当にお酒から逃げることなのでは。

立ち向かっては、いけない。

とにかく飲んでしまいたい。。。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。