アル中の復職

「アルコール依存症と虐待」というタイトルから「アル中の復職」にテーマを変更します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

怒ってばっかり、飲んだり、飲まなかったり

ご無沙汰しております。

ここ最近は、子供のことを怒鳴ってばっかり。

長男が、サッカー部を辞めた。辞めさせられた。辞めさせた。

試合や練習で、チームメイトとのトラブルが絶えず、
他の親子さんから、試合や合宿も親同伴でないと難しいと言われた。

次にトラブルを起こしたら、退部させると再三言ってきた。

これが最後のチャンスと、何度も続けてきた。

これ以上、チームメイトに迷惑を掛けられない。

妻も、そんな親子さんたちとの関係に疲れてしまった。

最後までやらせてあげたかった。私の身勝手な思い。

友達との思い出をたくさん残させてあげたかった。。

そして、長男は2年生から続けているサッカー部を辞めた。


そのせいか、今度は兄弟でのトラブルが絶えない。

なぜ、サッカー部を辞めなくてはならなかったのかを
考えさせるために、私は怒鳴ってばっかり。

手は出さないものの、私が怒鳴りだすと身構える長男。

叩かれると思ってしまうのだろう。反感の表情も伺える。

上から抑えるのではなく、抱いて話を聞いてやるのも方法かと考えている。


お酒は、飲んだり、飲まなかったりの日が続いている。

抗酒剤を服用した日は飲まない。(飲めない)

服用していない日は飲んでいる。

適量で収まる日もあれば、深酒をして翌日朝から飲んでしまう日もある。

面談後、会社には何とか行っている。何日かは飲酒で休んだ。。

深酒をした翌日の飲酒には、なぜ理性が働かない?

一進一退。いや、一進はしていない。。


抗酒剤を飲む日と、お酒を飲む日の繰り返しの日々。

シアナマイドの効用は1日間であるが、
前日のお酒が残っている体に服用すると吐き気と倦怠感。
シアナマイドを飲んだ翌日の飲酒では強い動悸と発疹がある。

抗酒剤の服用方法を完全に間違えている。

そもそも、断酒をしようする意思が決定していない。

何もかも中途半端な自分。

アルコール依存症、真っ只中。

「この世の地獄を見たければ酒害者の家庭を見るがよい。
この世の天国を見たければ断酒家の家庭を見るがよい。」

              ~断酒会の標語より~



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。