アル中の復職

「アルコール依存症と虐待」というタイトルから「アル中の復職」にテーマを変更します。

離婚宣告

ついに最終的な離婚宣告があった。

今、妻のご両親が来宅している。

週末にはうちの父が話し合いに来る。

過去に何度も離婚の話し合いはあったが、
最終的には子供のことを優先し、
お酒は飲みませんという誓約書を書いて、
今まできた。

次飲んだら離婚する。
何度もそんな約束をしては破り今に至る。

私は過去に2度精神科に入院している。
連続飲酒とパニック発作が止まらず、
薬とお酒以外の一切を受け付けなくなって、
1か月くらいの入院を2回。

思い起こせば、結婚前からお酒を飲んではケンカをしてきた。
子供が幼少期には仕事にかまけて家庭を顧みずお酒に逃げてきた。
いよいよ、飲み方が異常と気が付きだし4、5年前の入院に至る。

酔いの酩酊は年々酷くなり、騒ぎを起こしてきた。

これまで義父母は娘を守ってきた。何とか別れずにお酒を止めて、
子供の為にも夫婦で力を合わせて幸せな家庭を築いて欲しかったから。

我慢の限界を超えた。信じることは出来ない。これ以上一緒にいることが苦痛。
そして、もう離婚を決めた。頭を下げてももう遅い。妻は淡々と言った。本気だ。


別れるときは、自宅を売却して購入の際に援助したお金を返すこと。
女手一人では3人の息子を育てられないので私の実家で引き取ること。

義父母は、ことあるごとにそう言っていた。

今回はいつもの怒りではなくその態度は素っ気ない。今は何も言わない。

静かにうちの父がくる週末を待っている。


すべては、自分がこれまでしてきた結果である。

そのつけが、一気にやってきた。。。

しかし、現実を受け止めることが出来ない。

休職勧告に続いて、もう心が持ちそうもない。。。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

PageTop