アル中の復職

「アルコール依存症と虐待」というタイトルから「アル中の復職」にテーマを変更します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

説得

学校での人とのトラブルが絶えなかった長男。

サッカー部に入っていたが、そこでもトラブルが絶えず、

保護者の方々に、「練習や試合も親が付き添いで見てください」と言われ、

これ以上チームに迷惑をかけられないとサッカー部を止めることになった。

(有志やボランティアで運営されているサッカー部なので)


次にトラブルを起こしたら、退部させると再三言ってきた。

これが最後のチャンスと、何度も繰り返してきた。

しかし、改善されず、5月の末に止めさせた経緯がある。


ただ、退部届は受理されておらず、コーチ陣からは

本人(長男)と話がしたいということだった。

長男は、止めたくない。最後まで続けたいと懇願する。

妻は、同じことを繰り返すだけ。もう信じられないと反対。

トラブルを起こす長男と保護者間の人間関係にもだいぶ疲弊しているよう。


止めたんだが、止めていないんだか宙ぶらりんの状態が、

1ヶ月以上続いていて、長男と妻は平行線。

私が話しを持ち出すだけで、妻は怒り出す。「絶対、嫌だ!」

「じゃぁ、お前が見ろ、実家に帰るから」

(というか、私と話すときはいつも怒ってますが・・・)

よっぽど、復帰が嫌なのだろう。

私は週末だけ見てればいいけど、妻は平日ずっとだから。



私は、ずっと長男の様子を伺っていた。

兄弟ケンカは相変わらずだが、毎日自主練はしているよう。

「サッカーを本気で頑張る。もうトラブルは起こさない。」

と誓う長男。私はもう1度、長男を信じることに決めた。

もう飲まないと誓った私とダブった。。。


長男と2人で、もう一度チャンスをくださいと妻に頭を下げた。


子供たちを全員あつめて、お母さんも大変なんだから、

自分のことは、言われなくても自分でやれるように。

みんなで思いやりを持って生活をしよう。

やってもらって当たり前ではなくて感謝の心を持とう。

と長い時間をかけて話をした。


飲まない生活を続けたから、子供のことや家庭のことを

きちんと見ることが出来るようになってきた。


話しを聞いていた妻も、少し気持ちが落ち着いたようで、

「勝手にすれば」と。


サッカー部復帰にあたっては他の保護者さんとのやり取りや、

何かあった時の責任はすべて私がとるという条件で、

長男は今週の土曜日から念願のサッカー部に復帰する。


サッカーを通して長男の成長を切に願う。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。