アル中の復職

「アルコール依存症と虐待」というタイトルから「アル中の復職」にテーマを変更します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

観念

コメントしてくださっている皆さん、ありがとうございます。

見ず知らずの他人なのに、温かい思いと貴重な時間をかけて頂けるコメント。

ありがたい。

返信なくてすみません。何度も熟読しています。

ブログ、続けていて良かった。。

観念しました。

もう、自分の意志ではお酒を断てない。

入院します。

仕事、家族、病院と相談して9月の入院をお願いしようと思います。

流れに身を任せてみたい。

ps.みかんさん

いつもありがとう。

スポンサーサイト

PageTop

生きる意味はなんですか

本当にわかる方がいらっしゃれば教えてください。

逆境でも順風満帆でも、皆、生きる意味を無理やり定義している様に感じる。

長い歴史と時間の中で、私が生きている意味はない。

ただ辛いだけだと、分かった。

PageTop

アルコール脳

子供の将来よりも目の前のお酒を選んだ。

家族よりも自分の欲求を優先した。

結果はきちんとついてくる。

今となっては生きている意味が分からない。

なのに、死ぬ勇気がなければ生きる気力もない。

PageTop

シアナマイドで節酒

シアナマイドの効果発現時間・持続時間については

「服用後5分で作用を発現しはじめ1~ 3時間で作用は最も強く
6時間後にも作用を持続し24 時間後にはほとんどなくなる」

のだそうだ。

シアナマイドは、毎朝6時に起床して母の前で服用している。

休みの日にお昼頃から飲酒するとその効用は相当辛い。

救急車呼ぼうかなって迷うくらい。特に動悸が半端じゃない。


とにかく休みの日は子供のことを思い出すことが辛くて、

抗酒剤の副作用があっても、ほんの少しの酔いですら求めてしまう。


上記シアナマイドの効用に沿うと、

休みの日の日中の飲酒はシアナマイドの血中濃度が高く、

効用は最大だが、普段会社に行っている時の帰り道は、

服用から12時間以上は経過していて半減期を越えているのか、

紅潮と軽い動機で済むことが多い。

ただ、たくさん飲めるかというとやはり多少の不快感で結果節酒となっている。

(500ml缶、2本できつい。且つ、酔いはあまりない。)

少しの時間でも現実から逃げたい。その少しの時間を抗酒剤で節酒という

形で逃げられないだろうか。。。


入院については、今の家計事情、仕事の状況で今は出来ないという結論に至った。
(自分の中で)

12月に入ってからであれば、検討できなくもない状況かもしれない。。。


実家での生活。通勤時間は片道2時間半となる。辛い。

医者にも父母にも8月7日(水)の通院日から抗酒剤を飲んで、

お酒は飲んでいないことになっている。


実家に戻ってからは、笑顔が消えた。

鬱状態が悪化しているのか、私自身、話すことがつらい。何事も気力がない。

言葉を発することが困難な状態の時もある。


昨日、隠れ飲みしてベットの下に隠していたウィスキーの瓶が無くなっていた。

母は何故か何も言わない。

PageTop

弱い人間

がんばっている人は沢山いる。

昨日、通院でγ-GPTは88。

健康な体なのにお酒ごときに何を嘆いている?

子供に今は会えなくとも、きちんとした生き方を

続ければ道は開ける。はず。。

終わりにするのも、始めるのも自分。。

生きていれば何かが出来るのではないだろうか。。

アルコールの入った脳では何の発展もない。

今日も会社を休み、引きこもり飲酒。

両親も顕著に参っている様子が分かる。

自分という存在がなければこんなことにはならなかった。

死ぬか生きるか。どっちを選択する?

明日から、明日からと、今日を呑む。

PageTop

今日は3男の誕生日

電話でおめでとうとだけ伝えた。

8歳になる。

(妻が特別に取り次いでくれた)

久しぶりに話したな。切ないよ。

欲しいものはゲームソフト「トリコのグルメ~」らしい。

お金もないのでアルバイトしてでも買ってあげたいな。


PageTop

もう止まらない

今日も帰りの電車で飲んでしまった。

お酒が止まらない。止められない。

断酒をしていた時の自分の志すら思い出せない。


お酒を飲んでいる時は、自分の命よりも、家族よりも
今の気持ち良さが一番になってしまうんです。

ヲーリィーさん、光さん、takaさん、みかんさん、トモネコさん、匿名さん
せっかく頂いアドバイス、裏切ってごめんなさい。。。

銀次さんの仰る通りだなと感じています。

もうダメです。

生きている間、依存症に悩む人にとって典型的にダメな自分を表現し、
「自分はこうはなりたくない」と思って頂くことが最後の役目だと思いました。

PageTop

抗酒剤を水にすり替えた

抗酒剤を飲んでも、飲むんだから。。。

しかも顔が真っ赤になってばれちゃうから。

水にすり替えた。

父母は飲んでいるとは思っていない。

母は、休みの日でも6時に起こしてくれて、

豪華な朝食と抗酒剤を服用する。

親も裏切った。。。

PageTop

抗酒剤による節酒

抗酒剤の作用にも慣れた。

酩酊するほど酔う前にお酒が飲めなくなる。

だからブラックアウトすることもない。

実家に戻ったことによって、通勤時間は2時間半を超える。

今の状況では素面で通勤できない。

抗酒剤による節酒はダメか?

シアナマイド10ml。

朝6時に起きて朝食とともに服用。

帰りの電車では服用から12時間以上経過しているので、

半減期なのか作用もさほどではない。

自宅を電車の窓から覗き、通り過ぎて実家に帰る日々は刹那いなぁ。

PageTop

抗酒剤と飲酒

毎朝、母の前で抗酒剤を飲む。

そして、部屋にこもって飲酒。

全身が真っ赤になって、激しい動悸がして、

動悸のせいで血管の鈍痛で首や胸や腕が痛み

呼吸が苦しい。

飲酒してすぐ紅潮して、30分位したら動悸が始まる。

1時間くらい布団にくるまっていると治まる。

そして、また飲む。

また、抗酒剤の発作がくる。

治まるのを待つ。

そして、また飲む。

子供に会えない切なさを抗酒剤の発作が忘れさせてくれる。

体が苦しければ、余計なことを考えなくてすむ。

何も手につかない。子供に謝りたい。声が聞きたい。会いたい。

PageTop

罪びと

私はこの世に

憎しみを持った人間を

誕生させてしまった。

PageTop

とんでもないことをしてしまった

先週の日曜日に花火大会でブラックアウトして家で暴れた。
近所からの通報で警察が介入。

事情聴収後、妻と子供たちは車で家を出て行った。

警察は妻に私を逮捕するかどうかを尋ね、
子供がそれを拒否したという。

翌日の月曜日からそのまま連続飲酒に入り、
火曜日に義父母とともに家族が帰宅した。

記憶が定かでないが、義父母の怒鳴り込む姿勢に反抗して
怒鳴り合いのけんかをした。

「これで最後だな」という義父の言葉は頭に残っている。


また取り返しのつかないことをしてしまった。

夢だったらいい。。花火大会なんか行かなきゃよかった。。

警察が介入するのは初めてだが、飲んではブラックアウトして
家であばれたことは何度もある。

直接的な暴力はなかったとしても、
子供たちにうつる私はとてつもなく冷たく悲しいものだろう。


「子供たちは妻といる方が幸せだ。」


現実を受け止められない。何も手につかない。

飲んでしまいたい。麻薬でもいい。飲みたい。気を失って死んでしまうまで。

今日は朝、母の前でシアナマイドを飲んでいる。

どこか遠くに行ってしまいたい。


私ではこの病気とは闘えそうにない。。。

PageTop

実家で断酒再開

ブログ村ではなくここで細々とブログを続けて行こうと思います。

コメント、声援をくださった方ありがとうございます。

個別に返信出来なくてごめんなさい。


今はひとりで実家に戻っています。実家に戻って1週間くらいでしょうか。

妻と義父母は今、離婚に向けて自宅の荷物を整理しています。

9月の子供の運動会が終わったら、自宅を出ていくそうです。

妻とも子供とも連絡を取っていません。父を仲介して話を進めています。

私は実家に戻ってからも連続飲酒が止まらず、父も母も参ってしまい、

今日、入院の準備をして専門病院に行ってきました。


4ヶ月ぶりの専門病院への通院。

1ヶ月ちょっと断酒をしていたが、お神輿や花火大会のイベントで飲み、

騒ぎを起こしたこと、きっかけに、連日飲酒から連続飲酒に入ったこと、

今の現実が受け止めきれず、実家でも会社を休んで連続飲酒11日間。

食事も取れず、体もだるく、お酒を買いに行く以外は動けなかった。

そんな姿を目の当たりにした父と母。私が回復しないと子供を引き取っても、

父と母もダメになってしまうと、今日、父と母に連れられて病院に行った。

母は先生に入院を懇願したが、1ヶ月ちょっとやめれていたこと、

断酒の意思はあり、会社にも行っていることから、再度、抗酒剤を服用して

様子を見ることを進められた。母は入院に必要な荷物も纏めており、準備万端だった。

私はどっちでもよかった。このまま、入院出来たら楽だろうなぁという思いもあったし、

仕事の長期休暇も気になっていたが、もうどうでもいいという感じだった。

結果、入院病棟に空きがなく、来週まで、断酒できるか様子を見ることとなった。

抗酒剤を飲んで、断酒1日目。毎朝、母の前で服用してちゃんと会社に行くことだろう。

来週の通院日には、1週間断酒できていてまた様子を見ましょうということになるだろう。

今の担当の先生は、あまり入院することを進めない。

結局は、現実社会で断酒しなくてはならないからという理由のよう。

アルコール専門病院はどこもこんなもんなのだろうか。

私自身が入院を懇願しない限りこの病院への入院はない。

もしこの病院に初めて来た5ヶ月前に入院治療をしていたら、

こんな事態になっていなかったのかな。。。


帰り道、ばんどうたろうで親子3人で昼食をした。

初めてかな、親子3人で外食するのは。とっても切なかった。。。

どうしてこんなことになってしまったんだろう。。。

お父さん、お母さん、ごめんなさい。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。