アル中の復職

「アルコール依存症と虐待」というタイトルから「アル中の復職」にテーマを変更します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

休職期限【入院48日目】

休職期限は1つの疾病で1年半である。休職期間中は、健保より傷病手当金が支給される。私の場合、月額29万円。この内、厚生年金、健康保険料、各種税金等の支払いで約14万円。残りの15万円で、住宅ローン8万円、車のローン3万5千円、子供学費3人分で5万円。その他細々したものの引き落としを合わせると残り15万円に対して17万程度の支払い。

今は実家にいるので、食事や光熱費は面倒を見て貰っている…。

休職期限は、来年の3月末(2016年)までだから、残り9ヶ月。それまでに、飲まない生活を習慣化し、社会復帰に向けて準備をしなくてはならない。退院は、8月中旬。

次はない状況。スリップしてしまったら収入は途絶えることになる。持ち家を処分しても借金が残るだけ。子供の養育もある。あと20年間はアルコール依存性という病気を抱えながら働き続けなくてはならない。

入院して色々な方のお話を聞くが、独り身で福祉のお世話になっている方も少なくない。デイケアや中間施設に入りとにかく断酒を続けて生きて行く。社会復帰に向けて何年という歳月をかけてスリップと断酒を繰り返しながら。仕事をしながら何年も断酒を継続されてる方は、本当に凄いと思う。

私の場合、片道2時間半の通勤がネックでもある。仕事のストレスもさることながら、満員電車での往復5時間の通勤が飲酒の引き金の一つである。帰りの電車での飲酒習慣。この状況のまま復職しても断酒継続は難しいだろう…。

もう後がない。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。