アル中の復職

「アルコール依存症と虐待」というタイトルから「アル中の復職」にテーマを変更します。

余命10年

今週の水曜日は通院日だった。

アルコール依存症の専門病院だから、
すべて本当のことは言わない(言えない)

断片的に
飲んでることと、時々連続飲酒発作があることを伝える。

健康診断の結果も伝える。(γ-GPT 500くらい)

このままいくと10年も生きれないと宣告される。

飲んで死ぬか、止めて生きるかの二者択一。

死にたいと思っていた自分とは裏腹に
面と向かって言われたこのことに恐怖を覚えた。

俺は生きたいの?

処方されているレグテクトとシアナマイドをまずはきちんと服用しなさいと
指導される。そのうえで入院を検討するとのこと。

内科医にかかれば即入院です。だって。

アルコール病院では入院させないの?

いよいよ、お酒を断つ日を模索している。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

>>面と向かって言われたこのことに恐怖を覚えた。

ってことは、死ぬのが怖い証拠だよね!
やっとのこと~ヤメ時が来たんじゃないかな?

アルコール依存症の人の生存年齢に、ほぼぴったりじゃん!?
私はhagejifulさんには、もっともっと生きてて欲しいしから。

余命宣告されて良かったんじゃないかな?
生きる選択か、このまま行くか?(死を覚悟で飲むか)
考えるきっかけが出来て良かったと私は思うな。

hagejifulさんの気持ちは決まってるんじゃないですか?




依存症病院へ入院しても、断酒できる状況になるだけ。
そこで、決意が固まればすごい事だよ。

でもね。そんな甘くないんだよー。
ほぼ、再飲酒してしまう。
だから、余命宣告はhagejifulさんの刺激になったと思う!



光 | URL | 2014-04-05(Sat)01:44 [編集]


Re: 光さん

光さん

コメントありがとう。

うん。決まってるよ。

お酒を止めるしかないこと。

タバコも一緒にやめようね!?

hagejiful | URL | 2014-04-05(Sat)01:53 [編集]


アルコール依存症のhide と名乗っています。アルコール依存者です。

断酒は2年かな。

随分苦しんでからやめたよ。待ってる。
しっかり地獄を味わってね。

hide | URL | 2014-04-06(Sun)19:19 [編集]


はじめまして
わたしも同じような状態で毎日過ごしています
飲むとすこし元気が出るのと不安が薄らぎます
わたしには家庭がないのですが
もうずいぶんよい歳の母親にすごく心配をかけていて申し訳なくって情けなくって毎日いろいろとつらいです
でもhagejifulさんががんばっているのをここで読む事ができてわたしいつも元気をもらっています
最近ははじまりは生きるための方法だった気がするのです
だからこうしてがんばって生きているのだとも思ったりするんですが
それはやっぱり逃げているということなのでしょうか?
みんながあたりまえに毎日楽しく生きる事に迷いがないことが
わたしにはそういうふうにできなくって悩んでいます
でも今日もなんとかおわります
よかった
誰かと自分をすぐ比べてしまって
妬んだり疎んだりしがちな自分が嫌いでしかたないです
感謝する気持ちをなくさないようにがんばりたいと思います
hagejifulさんもがんばってください


omake | URL | 2014-04-11(Fri)20:30 [編集]


追加

底つき

そうそう、地獄みても死ぬまでやめられないアル中はごまんといるからね。

本気でやめたいと願って、やめられる人とそれでもやめられない人がいるよ。

その分かれ道は誰にも分からない。神様の配慮だよ。

神様が微笑むかどうか。

追加 | URL | 2014-04-20(Sun)21:34 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014-04-22(Tue)16:41 [編集]


はじめまして

ブログ以前より読ませていただいてました。
hagejifulさんと同年齢の男性です。
私自身、アルコール依存に片足をつっこみかけ(いまは抜け出しました)、
他の依存症の人のブログを読んでも感じることですが、
酒を飲むのはひとつの「症状」であり、
「根本原因」はほかにあって、その「根本原因」にきちっと目を向けない限り、
酒の泥沼からは抜け出せないような気がしています。
おそらくそれは、幼少期や成長の過程に深く関わることで、心に空いた穴みたいなものです。その穴にいくら酒を注いでも無駄です。
余計なお世話でしょうが、ふと、コメントしたくなりました。

YUTAKA | URL | 2014-04-23(Wed)16:47 [編集]


なんか勘違いしてんじゃないの?

>アルコール病院では入院させないの?

なに頓珍漢なこと言ってんのさ。
やめる気ない人を入院させても、医療費の無駄だからね。
治る気のある人を入院させたほうが、国保の有効利用だろうね。

別に、あんたが治ろうが治らなかろうが、あんた以外(厳密に言えばあんた+あんたの関係者以外)誰も困らないんだよ。あんた自身に治す気がないのに、何で入院させないといけないのさ?
治りたいのはあんただろ?
違うの?
それとも、誰かが、あんたに、「どうか治ってくれませんか」とお願いでもしてくれると思ってるのか?そうしてもらえるものと思ってるのか?
あんたの質問は、そういう意味だよ。

逆に、どうしても治したいなら、入院させないと言われてもあきらめないで、土下座しても、大金積んでも、泣いて懇願しても、入院させてらうようにねばるはずだろうに。
甘えてるよな。まったく。勘違いしてるというか。

そんな単純な理屈もわからないくらい、あんたは酒で狂っているんだってことだね。
あんたも、治す気ないなら、入院なんて考えないで、一生一人で苦しんでいればいいと思うよ。

優しくない名無し | URL | 2014-04-23(Wed)17:32 [編集]


コメ公開感謝

俺のコメント、承認(公開)してくれたんだね、ありがとう。もしかしたら、公開してもらえないものかと思ったよ。
コメントバックはなさそうだから(なくてぜんぜん構わないけれど)、続きを書かせてもらうよ。
---
まず、前のコメの補足だけど。
あんたは、病院があんたのことを「入院させない」と書いているけれど、それって事実なの?
もちろん、病院も、あんたに、入院しろとは言わないだろうけれ。それ以前の問題として、あんたが入院したくないんじゃないの?
もしかしたら、事実は、あんたが、入院を拒絶したのけれど、病院が入院させてくれなかったとブログには書いておこう、ってことじゃないの?
もしくは、あんたが、入院したくないオーラを強く発したから、入院しないことになったとかね。
俺は、そんな疑いを持つよ。決めつけるわけじゃないけれど。

だってさ、過去にもあやしいことあったよね。
家族が入院を許可しなかったとか。会社がすぐには困ると言ったとか。
その一方で、**月まではできないと自分で決めたとか。
おかしな記載が多いよ。
嘘と決めつけるつもりはないけれど、事実の一部または全部を隠したり偽っていたりしている疑いは強く感じるね。
どうなの?
---
>死にたいと思っていた自分とは裏腹に

あんた、死にたいなんて思ってないでしょう?
現状が非常につらいから、それを何とかリセットできないか、と思っているのは事実かもかもしれないよ。死ねばリセットできるな、と感じたのも事実かもしれない。
つまりは、死んでリセットできたら、楽だろうな、という思い。それを、省略して「死にたい」と表現しているだけでさ、本気で死ぬつもりなんて、一度もないだろう?
裏腹でもなんでもないだろう?
今までも今も、死にたくはない、それだけ。何も変わってないよな。
で、死の現実をつきつけられて、怖くなった。それだけだよな。
生きたいかどうかは知らないよ。でも、生き続けて飲めれば、そうしたいんだろう?
---
>いよいよ、お酒を断つ日を模索している。
永田町の政治家もびっくりの玉虫色というか、かっこつけの表現だね。
要は、まだ酒に未練があって、やめる決心がつきません、ということだよね。
「まだ決心つかない=いよいよ、お酒を断つ日を模索している」
非常にわかりやすいわな。
ブログで叩かれたくないから、少しは前向きなニュアンス出したいんだろうね。その気持ちもわかるけれど。
ここまでええかっこしいは、どうかと思うね。そんなに自分を美化したいのか?
もっと本音を書いたらよいのにと俺は思うけどなあ。
あんたのブログだから、あんたの勝手なんだろうけれど。
---
こんなのばっかりだよね、あんたのブログは。

ひとつひとつコメントつけてこうか。おもしろいから。
アル中の否認の研究にはぴったりのブログだね。

優しくない名無し | URL | 2014-04-27(Sun)10:39 [編集]


初めまして。
私もアルコール依存症です。
去年の夏に泥酔し、ボロボロになったのをキッカケに断酒を始めました。
断酒で失敗したのは数知れず。。。
自力で断酒するのを今回を最後とし、失敗したら専門医にかかると決めて最後の自力断酒をしています。
断酒を始めた頃は離脱苦しみ、今も脳萎縮?により言葉が出にくかったり、ものの理解度が低いと感じる事があります。
でも、絶対に断酒継続すれば、良くなると信じて断酒をしてます。
あなたは酒でボロボロになって死にたくはないはずです。
だから医者に宣告されて恐怖に感じたのだと思いますよ。
断酒は最初キツイですが、慣れると本当に体が楽になります。
専門の病院にも通っていらっしゃるのですし、薬もあるのですから気持ちが決まれば断酒はすぐに始められますよ。
一緒に頑張りませんか?

パール | URL | 2014-04-27(Sun)17:30 [編集]


Re: 優しくない名無しさん

ブログはあるがままを書いてるつもりですが、振り返ると入院する覚悟がないことだけは確かですね。

hagejiful | URL | 2014-04-28(Mon)23:04 [編集]


公開してくれてありがとう

再度俺のコメントを公開してくれた上に、コメントバックまでしてくれてありがとう。
あなたがあるがままを書いている、とおっしゃるなら、そうなんだろう。少なくとも、意図的に事実と異なることを書いてはいないんだろうね。
決めつけてはいないと断ったものの、嘘かもしれないと疑うようなコメントを書いた点は申し訳ない。

ただし。あるがままということなら。
正直言って、否認のオンパレードだね、あなたの記事は。
アル中の否認の研究にはぴったりのブログだね。
ひとつひとつコメントつけてこうか。おもしろいから。

たとえば。
>死にたいと思っていた自分とは裏腹に

あんた、死にたいなんて最初から思ってないだろ?
現状が非常につらいから、それを何とかリセットしたい。
そして、死ねばリセットできる。
死んでリセットできたら、楽だろうな、という願望。それを、省略して「死にたい」と表現しているだけでさ、本気で死ぬつもりなんて、一度もないだろう?
だから、裏腹でもなんでもないだろう?
で、死の現実をつきつけられて、怖くなった。それだけだよな。

じゃあ、生きたいのかどうか?それは俺は知らないよ。
でも、トラブルがリセットされて、また飲めるようになるなら、生きたいんじゃないかな?

優しくない名無し | URL | 2014-04-29(Tue)03:43 [編集]


同年代ア症

あなたの気持ち懐かしく感じます。酒、死ぬほど止めたいんだよね。酒が憎く感じるんだよね。ただ、酒の無い生活が想像出来ないから、止めるのが怖いだけなんだよね。入院前に医師か、ケースワーカーに必ず聞かれるよ。「あなたは、本当にお酒を止めるつもりがありますか?」とね。その時すんなり「はい」と答えられる勇気がある?とにかく入院してみて欲しい。そんなにつらいならさ。私は4年前、自ら入院しましたよ。    

くに | URL | 2014-05-12(Mon)17:03 [編集]