アル中の復職

「アルコール依存症と虐待」というタイトルから「アル中の復職」にテーマを変更します。

ルールと誠意

妻が家にいるあいだは、次のことを実践する事を約束した。

・毎朝、妻の前で抗酒剤を飲む
・仕事に行く前に義父母に電話を入れる
⇒今日もお酒を飲まずに仕事を頑張ってくるという儀式

・休みの日は家族で団体行動を取る
・子供たちに家の手伝いを教える
⇒子供たちを知り、家族を創り自立を促す

・朝は5時半に起き、朝食の準備をする
・休みの日は家事全般を協力する
⇒妻の負担を少しでも軽くする

・お酒で使ってしまった子供の貯金をタバコを止めて返す。
⇒経済的に苦しい環境も状況を悪化させている

話し合いから3日。飲酒欲求もなにも飲まないと決めた。
きちんとした生活習慣が身に着くまではきつくても続ける。


ことにふれ、ヒステリックにこれまでしてきた私の罪を責め立てる妻。
今は黙って聞くことしか出来ない。。。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013-06-12(Wed)09:13 [編集]


>ことにふれ、ヒステリックにこれまでしてきた私の罪を責め立てる妻。
今は黙って聞くことしか出来ない。。。

はじめまして。
奥様に対して「ヒステリック」と表現されてますが、あなたは本当に反省してるのですか?
本当に奥様に悪いことをしたという自覚があるのですか?

そうであれば奥様に対してこのような表現しないと思います。
それを書くということは、あなたは自覚されていないのではと思わざるを得ません。

| URL | 2013-06-12(Wed)09:56 [編集]


Re: タイトルなし

> 奥様に対して「ヒステリック」と表現されてますが、あなたは本当に反省してるのですか?
> 本当に奥様に悪いことをしたという自覚があるのですか?

愚痴が入りました。すみません。
妻の怒りを聞くことで少しでも心が晴れるよう努めています。
悪いのはすべて自分であることは自覚しております。
 

hagejiful | URL | 2013-06-12(Wed)13:33 [編集]


前向きに!

こんにちは。
とりあえず、がんじがらめのルールが良い方に作用すればいいですね。
前向きに、今日も飲まないでいきましょう!


酒害に対する偏見がもう少し少なくともなれば、と願うばかりです。依存性になる過程では本人にも多少の責任があるにせよ、依存性後にその事をいくら責めても意味が無い。その程度の理解が一般に広まらないと、断酒するには辛いと思います。
お酒に寛容な世の中だから、と言ってしまえばそれまでですが。たばこのやめにくさや害は一般に広まっているのに、お酒についてはほとんど無視されているのが残念です。

頑張って!

AAA | URL | 2013-06-12(Wed)14:10 [編集]


Re: 前向きに!

「貴方が出来る範囲で頑張って」と言ってくれたAAAさん。
自分がしてきたことの結果です。責められても仕方ありません。
まずは飲まないで、少しずつ出来ることを頑張ります。
いつもあたたかいコメントありがとうございます。

hagejiful | URL | 2013-06-12(Wed)14:22 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013-06-12(Wed)15:20 [編集]


hagejiful様が「禁酒」ではなく、
「断酒」への道を歩まれますよう、
陰ながら、お祈り申し上げます。

小吉 | URL | 2013-06-12(Wed)17:20 [編集]


こんばんわ

またまたお節介ですが、先月こんな薬が発売になったみたいです。
http://www.nippon-shinyaku.co.jp/company_profile/news.php?id=1994

自分はもう飲まなくなったので試しようがないですが昨日からこれを飲んだ人がこの薬は効くみたいなことをブログに書いているので紹介してみました。

黒飴 | URL | 2013-06-12(Wed)20:04 [編集]



hagejifulさん

まず、非表示としながら、公開コメントであった事をお詫びします。
すみません。

長文になります。
気が向いたら読んで下さい。

管理画面から破棄してもらっても構いません。


ブログに気持ちを残す、これはアリだと思います。
私は治療入院を終えてからブログを始めましたが、理由は同じです。

それ以前は、1回目の入院中に妻へ宛てた大量の手紙があります。
沢山の心ない詫びと出来ない約束を記してます。
その頃の私は、自分中心で、本心では自分が病気と認めていませんでした。自分が悪と分かっていても、自分が可哀相だと思っていました。
ですから、山の様な手紙は自己満足です。
既に自分にすら嘘をつく事が当たり前で、本心が分かっていなかったか、あるいは逃げでした。
その後、徐々に気づきがありました。
ですから、hagejifulさんに今日明日であれもこれもお伝え出来ないと分かっています。

そして、私自身、まだまだ妻との間に溝があります。

私の話で恐縮です。
昨年の夏、2回目の入院中に一時帰宅をした際、妻曰く、『何が違う』そう思ったそうです。但し、その日はおくびにも出しませんでした。
その話は、退院前に聞きました。
今振り返っても、入院前とそんなに変わった訳ではありません。再入院から一ヶ月目の事ですから。
強いて考えたら、お酒をやめる事を貪欲に考え始めた頃です。自己主張をやめ、出来る事は即行動し、病院での指示やアドバイスは信じて受け入れました。だんだんと必死になりました。何もかも小馬鹿にして理由を付けて逃げ回っていた私がです。
どうしてそうなったはわかりませんが、元々プライドの高い私が、これ以上駄目な自分を人に見せたくなくてなりふり構わなくなっただけかもしれません。
この心境は今も上手く説明できません。

嘘もなくなりました。
お酒で大嘘つきになって、嘘をついて、しかも嘘を追及されると逆上していたのに。
飲んでないから、嘘をつく必要がないんです。

この辺りで、過度の飲酒欲求は無くなりました。

退院するまでは黙って看護師さんの前でシアナマイドという抗酒剤を服用していましたが、主治医に正直な気持ちを伝え、退院の日に服用をやめました。

ほんの少しでも自分の本心が危ないと思ったら服用する。

先生にどう説明したかは憶えてませんが、自分に誓いました。

抗酒剤は、自分の為だけではなく、周りを安心させる為、そう病院で教わったので、今も我が家の冷蔵庫があります。

その頃、妻も服用しなくて良いと言ってました。
もう、お酒を飲むとは思っていないと。

ですが、今も次にお酒を飲んだら離婚と言われています。

先ほど溝は埋まっていないとかきましたが、最近になって埋まるもんではないと思い始めました。
妻にも子供にも手をあげた事はありませんが、数々の暴言や信じられない迷惑をかけてますから、存在自体が暴力と同義でした。
実は、退院してはじめて離婚届を書きました。
飲まない為の保険と少し意味が違います。
何かあった時に、妻を逃がしてあげる為です。
変と思われるかもしれませんが、離婚なんかしたくありません。
ちなみに、職場にも日付を空けて退職願を預けてます。
こちらは自発で書いた訳ではありませんが、こんな話をしない限り、普段は提出した事も忘れてます。不思議と言えば不思議ですが。

長い話ですみません。
焦らないで、そう言っても無理かもしれませんが、奥様との関係は長い目で見て下さい。
元は赤の他人が一緒になったのですから、簡単に切れるかもしれないし、そうならないかもしれない。
この続きはhagejifulさんが作って下さい。

それから、私は今も毎日情けない感情に振り回されて、決して真っ当な人間ではありません。
あなたと大差はありません。

入院の是非は控えます。
理由だけはこうです。

一度心身を休められる
(入院患者が自発的に入院する事は稀です。大半が、家族に押し込められたか、身寄りの無い人が行政から放り込まれたかです。家族は、回復を願う一心の場合と、家族の一時の安寧の為や、匙を投げた場合です。私の最初の病院は、待っている家族がいない方々が多かったです。)
断酒だけに取り組める
(そうは言っても現実的不安はありますし、焦りもありますが、家庭も職場も社会も一人いなくても回ります。寂しいですが…)
一貫した指導が受けられる
(奥様をはじめご家族、ご友人や、私のようなブログ繋がりまで、言う事はバラバラです)
そして、なんと言っても、医療のプロです。年がら年中依存症を相手にしていますから。患者は様々ですが、一歩引いて見ると根っこは割と違います。

最後に、依存症に囲まれると、ふざけた話ですが不愉快でした。自分を棚に上げて、自分は他と違うとおもっていました。
でも、病気の理解と共有があり、何より最後は周りを見下す事はなくなりました。

もしかしたら、私が自己責任を追及するようになったのは、依存症の仲間のお陰かもしれません。

私は既に何人かの仲間の知りたく無い今を見聞きしました。

私の仲間の一人の言葉です。

もう仲間の訃報は沢山です。皆さんも長生きしましょう。

diehard0 | URL | 2013-06-12(Wed)21:47 [編集]


Re: 小吉さん

断酒は飲酒をしない生き方の選択。
禁酒は我慢して飲まないこと。
でしたよね。

今はまだ禁酒かもしれません。
禁酒を続けることで断酒を受け入れる
心を作っていきたいと思います。

ありがとうございます。

hagejiful | URL | 2013-06-13(Thu)10:22 [編集]


Re: こんばんわ

レグテクト、もう流通しているんですね。
この飲酒欲求が少しでも和らぐのなら。。。
次回の通院の時に相談してみようと思います。
ありがとうございます。

hagejiful | URL | 2013-06-13(Thu)10:28 [編集]


Re: diehard0さん

コメントありがとうございます。
とてもためになりました。

公開コメントについては、全く気にしないでください。
私を思っていただき率直にご意見いただいたのですから。
こちらも貴重なコメントです。

1回目の入院での
「心のない詫びとできない約束」
「本心では自分が病気と認めていない」
diehard0さん。

もしかしたら、今の私もこの時のdiehard0さんと
同じ状況なのかもしれません。

本当に心から反省し、病気を認めているか?

目の前の困難を何とか避けようと逃げているだけなのではないか。

まだ分かりません。

とにかく今は飲まないで、妻と決めたルールを守ることに専念します。

その先に何か見えるかもしれないと切望しています。

ありがとうございます。

hagejiful | URL | 2013-06-13(Thu)11:05 [編集]