アル中の復職

「アルコール依存症と虐待」というタイトルから「アル中の復職」にテーマを変更します。

因果応報

妻の私に対する暴言が続く。

憎しみに満ちている。

お酒を飲むと(妻が)それがさらに増す。

反論しようものなら
「だったら、実家に帰るから」
となってしまう。


ロボットにならないと心が壊れてしまいそう。

飲まずに子供との時間を大切に行動しているつもりなのに。

子供を不安にしてはいけないから、私が黙る以外ない。

これ以上、何を頑張ればいいか分からない。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

奥さんに優しくするように心掛けてみたらどうですか?

断酒は継続されているようなので、仕事帰りに手土産でも買って言ったらどうですか?

女の人って意外と優しさには弱いですから。

あとは出来るだけ声をかけるようにするとか・・。おはよう、元気?でもなんでも。

かるいお手伝いとか・・。

女の人って、気を使われていると感じることが嬉しいですから。

LUCY | URL | 2013-06-24(Mon)04:58 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013-06-24(Mon)05:35 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013-06-24(Mon)06:45 [編集]


同じ事を奥さんは4年(もっとか?)され続けてきてます。母親は強い。そりゃ、家族も病むよ。

皆さん勘違いされやすいけど、失った信用を取り戻すのは本当に大変。
今までずっと裏切られ続けているのだから、何日か断酒が続いているからといって信用されるなんて思っていたら大間違い。1年続けて、やっと「あれ、本当に止めるのかな?」と思ってもらえるくらいかと…。


イライラは飲酒につながりやすいから、どこかで発散しないと危険です。
ここで書くのもいいけど、反対意見を書かれると、それもストレスになることもあるだろうし、やっぱり言いっぱなし、聞きっぱなしの自助グループで、口に出すべきだと思いますよ。
溜まった思考は口に出さないと消化されませんよ。

ヲーリィー | URL | 2013-06-24(Mon)07:17 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013-06-24(Mon)07:27 [編集]


奥様を丸ごと受け入れてあげましょう

これまであなたがしてきたことの裏返しが、今起きていることです。

文章から、被害者意識のようなものを感じますが、それはおかしいですよ。

私も、他のコメントをしている方と同じで、奥様にもっと、これまでで最大の、これ以上ないくらいの、優しさと愛情を注ぐことが、大事だと思います。

あなたがアルコールに溺れていた何年もの間、奥様が家庭を支えてくれていたからこそ、今があるのですよ。

ぽり | URL | 2013-06-24(Mon)09:45 [編集]


暴言はお酒のせい。

お酒? 奥様も飲まれるのでしょうか?

飲んだ上で、奥様が暴言をはかれるのかな?

これは何となく解ります。
かつての私もそうでしたから。

たぶん、今までのというか、hagejifulさんに対しての不満が積もりに積もって、お酒の力を借りてはいてるんじゃないでしょうか。
それとも飲んでなくても、暴言を?

夫婦って長くいけばいるほど、互いの空気感というかそういうのを読めて当たり前? みたいに世間の風潮ではありますが、現実問題そんなに甘くはありませんよね。

そこに至るまでには、多くの挫折も苦労も乗り越えて、ようやくあ・うんの呼吸が感じられるようになるのでしょう。

お酒が入ると、意識が飛ぶので、どうしても酔いに任せて、キツイ言葉や暴言が出ます。

感情的にならず、向かい合うのは難しいでしょうが、夫婦だからこそやらないと駄目なのだと思います。

お仕事で忙しいでしょうけれど、出来るだけお時間を作って、家事やお料理など奥様に代わりやってあげるとか、してあげて下さい。

それだけで、奥様の不満はなくならないかも知れませんが、少しは軽減? するかも知れません。

みかん | URL | 2013-06-24(Mon)16:56 [編集]


Re: LUCYさん

いつもありがとうございます。参考にします。

早く帰ったときとか、休日にお手伝いをすると、
機嫌よく「ありがとう」と言ってくれることもあります。

でも、悪いことの方がはるかに大きく、
心を覆ってしまっているんでしょうね。

償いだと思って、意識して努めてみます。

hagejiful | URL | 2013-06-24(Mon)18:09 [編集]


Re: ヲーリィーさん

いつも、ありがとうございます。

断酒を頑張っていることを少しでも認めて欲しいと思ってしまいます。
まだ何日かという程度の断酒ですが、すごく長い時間に感じています。
家族のために償いをという気持ちが中途半端で、まだ自己中心的な思考に
あるのかもしれません。断酒だけでも辛いですが、信頼を取り戻す努力も
継続しなくてはならないことを痛感しました。本当に大変です。

私自身、あまり社交的でないところがあり自助グループへ参加するという
行為自体に緊張を伴い、怖い気がしています。

信頼の回復と自助グループが自分にとって本当に必要な場所になること。
どちらも、努力と時間が必要ですね。


hagejiful | URL | 2013-06-24(Mon)18:41 [編集]


Re: 奥様を丸ごと受け入れてあげましょう

>あなたがアルコールに溺れていた何年もの間、奥様が家庭を支えてくれていたからこそ、今があるのですよ。
そうでした。ありがとうございます。

これまでの夫婦の関係も背景にあるので、すぐに自分を変えることは出来ませんが、
少なくとも、今の妻の不安や怒りはきちんと受け止めなくてはいけないと認識しました。

頑張り続けることで、少しずつでも妻が穏やかになってくれればと願います。
子供のことを一番に考える。これだけが唯一、夫婦で共通の認識です。

hagejiful | URL | 2013-06-24(Mon)18:59 [編集]


過去の行状からとても根深いものがあるのでしょう。
でも目の前で飲まれるなどお互い救われ難いですね。
精神科医から言わせれば言語道断のはずです。
とは言え、他と比べてもどうなるわけでもなし、病気だとはいえ、そのせいとして逃げるわけにもいきません。
力を抜いて、時間をかける覚悟が要るかと。
 お仕事で帰宅が深夜になられ物理的に出席が難しいでしょうが、断酒会はそんなに堅苦しい処ではありません。
「今日は、聞かせていただきます」で、発言しない人も結構おられます。
僭越ながらとても危ういところを感じます。自分を追い込みすぎないよう、御身大切に。

追伸
こちらの医師の講義も参考にされては、アル症の正しい知識、対応が披露されています。特に後半の感情障害のところです。
http://www.youtube.com/watch?v=zZdvT5eeXtg

yamadagaga | URL | 2013-06-24(Mon)21:09 [編集]


Re: 暴言はお酒のせい。

みかんさん、ありがとうございます。

飲んでも飲まなくても言葉はきついです。昔から。
飲むとそれは言葉ではなく罵倒にも変わります。。
ここ数年の私への怒りも加わって。

頭では分かっているのですがキツイ言葉だと私も素直になれなくて。。

結婚当初から本当の夫婦の対話はなかったように感じます。

仕事と同じくらい家庭生活を頑張ることで少しは緩和していくのかもしれません。
休みの日くらいゆっくりさせてくれ~って思いますが、甘いですね。

もともと、離婚宣告があった日に妻は実家に帰っているはずだったことを思い、
週末は、妻がいないものと思って家事とか子供のこととか頑張ってみます。

hagejiful | URL | 2013-06-24(Mon)23:57 [編集]


Re: yamadagagaさん

>力を抜いて、時間をかける覚悟が要るかと。
時間をかける覚悟は理解していましたが、
力を抜いてという発想がありませんでした。
ありがとうございます。力んでたら続きませんものね。

アル症の動画みました。
自助グループは断酒継続にとても重要ですね。
参考になりました。ありがとうございます。

hagejiful | URL | 2013-06-25(Tue)00:15 [編集]


Re: 匿名さん

妻の家族会への参加、時期を見て話してみようと思います。
ありがとうございます。

hagejiful | URL | 2013-06-25(Tue)00:36 [編集]


>>私自身、あまり社交的でないところがあり自助グループへ参加するという 行為自体に緊張を伴い、怖い気がしています。

そういう人の集まりです。リハビリと考えればいいと思いますよ。

会話ではないところに意味があるのです。

それから似た境遇の他人から話を聞くのは、集団療法や認知療法の効果もあるのではないかと
思っています。

ヲーリィー | URL | 2013-06-25(Tue)07:10 [編集]


Re: ヲーリィーさん

ふと、
色んなこと話せる人が周りにいなぁって気が付きました。

hagejiful | URL | 2013-06-26(Wed)10:31 [編集]